おいしい山日記

東京在住、25歳OL女子の登山と山ごはんの記録。関東〜上信越の山々を中心にデジタルカメラとフィルムカメラで山行の記録をお届けします。

龍宮小屋(尾瀬)

 

f:id:mmmisa:20170606162358j:plain

龍宮小屋さんは、至仏山と燧ヶ岳の中程に位置する竜宮十字路にある山小屋です。

近くには水流が吹き出し、吸い込まれる「竜宮現象」が見られ、その名前の由来になっています。

 

木に囲まれ、朝靄がかかった小屋の姿は幻想的です。

 

f:id:mmmisa:20170606160625j:plain

案内していただいたのは、こちらの8畳程のお部屋。

もう一組ご夫婦の予約が入ってますとのことでしたが、結局来ず、貸切個室で使わせていただきました。

(この日は、その他のお部屋もそうだったみたいです。)

山小屋で個室なんて初めて!ラッキー!

 

f:id:mmmisa:20170606160634j:plain

ハンガーもあるし、どうでしょう、もう完全に旅館です。レトロでカワイイ。

登山靴は、2階にある靴箱に置き、部屋番号の洗濯ばさみをつけてくださいとのことです。

 

f:id:mmmisa:20170606160642j:plain

窓からの景色。

歩いてきた木道が見えます(ガスってなければ至仏山も)。

 

 

f:id:mmmisa:20170606160658j:plain

配膳が始まる時間までは、食堂が談話室として解放されています。

暖炉もありあったかい。

やかんのお茶と、尾瀬のお菓子(餡子が入り和菓子)を頂きます。

 

f:id:mmmisa:20170606160648j:plain

竜宮小屋のスタンプget。二種類あります。

 

f:id:mmmisa:20170606160707j:plain

夕食メニューはこんな感じです。

ハンバーグ、イワシの煮付けとダブルメインで豪華です。

お味噌汁と、ふきの煮物は手作り感が感じられておいしかったです。

 

f:id:mmmisa:20170606160713j:plain

なんと尾瀬の山小屋はお風呂付き!

16時から20時まで入れます。

洗い場は1つ、浴槽は2人以上はいると気まずい感じな広さですが、汗を流せるだけで幸せです。

※シャンプー・石けん類は使用NGです。

 

この日はタイミングよく、一番風呂に入ったご婦人2人とすれ違い、私は貸し切りでした!木の浴槽がきもちいいー!

 

f:id:mmmisa:20170606160722j:plain

食後のコーヒータイム。

山小屋でもコーヒーは頂けますが、豆とドリッパーを持参して淹れました。

ジェットボイルならお湯もすぐに沸きます。

 

おやつは、Shozo coffeeさんのスコーン(オレンジホワイトチョコ)。

私のお気に入り、定番の山おやつです。

 

f:id:mmmisa:20170606160726j:plain

談話室にあったガイドブック。

なかなか絵が素敵で、情報も豊富!

中身はぜひ尾瀬の小屋で確認してみてください。

 

f:id:mmmisa:20170606162348j:plain

洗面スペースも広くて、混み合うこともありません。

水があるって素晴らしいですね。

 

f:id:mmmisa:20170606162352j:plain

2日目の朝食。

手作りの甘い梅干しと、海苔ダレの納豆がポイント高め。

本当に、旅館の朝ご飯という感じです。

 

f:id:mmmisa:20170606162637j:plain

あんまり居心地がいいので二度寝したくなりますが・・・

お布団をたたんで、出発。

朝日が差し込んで、天気がよくなりそうな予感です。

 

尾瀬ケ原の真ん中に位置するこの龍宮小屋は、どこへ行くにもアクセスが良く、朝晩は静かな時間を過ごせます。

 

尾瀬で宿泊する際は、おすすめです。

 

www.oze.gr.jp