おいしい山日記

東京在住、25歳OL女子の登山と山ごはんの記録。関東〜上信越の山々を中心にデジタルカメラとフィルムカメラで山行の記録をお届けします。

2017/5/27-28 尾瀬

水芭蕉シーズンの尾瀬に行ってきました。

 

f:id:mmmisa:20170606150005j:plain

 

<コースタイム>

■1日目

第2駐車場(12:50)→鳩待峠(13:30)→山の鼻(14:13)〜休憩(14:54)→牛首分岐(15:30)→竜宮小屋(16:00)泊

 
■2日目
竜宮小屋(7:30)→見晴(8:00)〜休憩(8:45)→東電小屋(9:40)→ヨッピ吊橋(10:30)→牛首分岐(11:15)→山の鼻(11:50)〜ランチ休憩(13:45)→鳩待峠(14:30)
 
1日目は天気がよくなく、ずっとガスりっぱなしでした。
霧のかかる、幻想的な尾瀬の散策となりました。
 

f:id:mmmisa:20170606144017j:plain

水位が上がった川で見つけた水中水芭蕉

 

f:id:mmmisa:20170606144029j:plain

こんな感じで、見えるはずの燧ヶ岳や至仏山は霧の中。

 

f:id:mmmisa:20170606144036j:plain

ビジターセンターのすぐ裏から、牛首へ向かう木道沿いはクレーターみたいな小さい穴がいっぱい。ちょっとグロテスクな自然のパワー。

 

f:id:mmmisa:20170606144045j:plain

水芭蕉群生地。橋の近くは、まだまだこの先出そうでした。

 

f:id:mmmisa:20170606144053j:plain

木道の間にも水芭蕉

 

f:id:mmmisa:20170606144114j:plain

お世話になった竜宮小屋さん。

 

f:id:mmmisa:20170606144125j:plain

朝露がきれい。

2日目は天気がよくなりそうな感じでした。

 

f:id:mmmisa:20170606144131j:plain

朝食後に外に出てみた、7:00の景色。

まだガスガスです・・・

 

f:id:mmmisa:20170606144134j:plain

準備を終えて小屋を出発する時、7:45の景色。

だいぶガスが取れて、至仏山が見えてきています〜

f:id:mmmisa:20170606144143j:plain

清々しい空気の中、竜宮小屋の裏手から燧ヶ岳に向かって木道を歩いて行くと、村っぽいかたまりが見えてきます。

ここの小屋に宿泊した多くのハイカーたちとすれ違いました。

 

f:id:mmmisa:20170606144157j:plain

レトロな学校みたいな、弥四郎小屋。

中にポストがあって、郵便物を投函できます。※いつ届くかは未定とのこと!

 

f:id:mmmisa:20170606144204j:plain

カフェみたいな、ひのえまた小屋。

 

f:id:mmmisa:20170606144210j:plain

尾瀬小屋の前に、こんなフォトスポットがありました。

至仏山も見えてきた!

f:id:mmmisa:20170606144221j:plain

尾瀬ケ原は、群馬・新潟・福島の3県に跨がる広大な国立公園。

 

f:id:mmmisa:20170606145816j:plain

水辺の水芭蕉がキラキラ輝いてきれいです。

 

f:id:mmmisa:20170606145824j:plain

激しそうな川に架かる橋に到着。透明度は結構高いです。

 

f:id:mmmisa:20170606145833j:plain

もふもふのつぼみをつけた木。

 

f:id:mmmisa:20170606145841j:plain

マップにも載っている、群生地です。

 

f:id:mmmisa:20170606145850j:plain

これでもか、と咲いている水芭蕉の絨毯。

東電小屋の方によると、例年より時期が早く、この週がピークだったみたいです。

 

f:id:mmmisa:20170606145857j:plain

何だか分からないけど、にょきにょき生えてたピンクの葉っぱ。

イワカガミのつぼみ、ではないはず・・・

 

f:id:mmmisa:20170606145906j:plain

東電小屋に到着。広くてきれいで、すごく快適そうです。

 

f:id:mmmisa:20170606145910j:plain

カフェメニューも充実しています。

魚沼きりざい丼、鯛と昆布の冷やし雑炊、なんて素敵メニューが!!

お値段も、スキー場より断然お手頃。なんなら東京ランチより安いです。最高。

 

f:id:mmmisa:20170606145934j:plain

東電小屋の前の道に咲いていたエゾエンゴサク(と思われる)。

 

f:id:mmmisa:20170606145940j:plain

ワタスゲのつぼみの群生。

これがあのもふもふしたワタスゲになると思うと・・・初夏にも訪れたいです〜

 

f:id:mmmisa:20170606145947j:plain

ヨッピ吊り橋。

このヨッピ川、「水が集まるところ」という意味のアイヌ語が語源なんだとか。

 

f:id:mmmisa:20170606150005j:plain

美しい池塘と逆さ燧ヶ岳。

なんとかガスが取れました。

 

f:id:mmmisa:20170606150014j:plain

池塘に映る木々が不思議な景色をつくり出します。

 

f:id:mmmisa:20170606150025j:plain

もっと広い池塘もあります。もはや池。

 

f:id:mmmisa:20170606150034j:plain

牛首を越えて、山の鼻ビジターセンターを目指します。

(※東電小屋を出たら、お手洗いはありません。)

 

f:id:mmmisa:20170606150047j:plain

燧ヶ岳をバックに、至仏山に向かって歩いて行く気持ちのよい道。

 

f:id:mmmisa:20170606150118j:plain

山の鼻で、ランチタイム!

尾瀬ケ原はらくちん木道歩きなので、欲張っていろいろな食材を持ってきました。

メスティンにオリーブオイルをしき、玉ねぎ・茄子・戻した干し椎茸と干しえびをいためます。

味噌・醤油・砂糖でざっくり味付け。

 

f:id:mmmisa:20170606150127j:plain

メスティンでごはんを炊いて、ナス味噌丼!

行動食のナッツを砕いてトッピングしました。

 

f:id:mmmisa:20170606150143j:plain

鳩待峠への道で、至仏山の山肌がきれいに見えました。

植物保護の為、GW〜梅雨明けまでは入山禁止となっています。

いつかバックカントリーしたい。

 

f:id:mmmisa:20170606150139j:plain

山の鼻〜鳩待峠までは、ツアー客やライトなハイカーが多く、賑わっています。

水芭蕉も賑わっています・・・

 

f:id:mmmisa:20170606150148j:plain

青空と新緑のコントラストが美しいです。最後の階段の登りは暑い!

 

f:id:mmmisa:20170606150153j:plain

若干渋滞する階段ゾーンを抜けて、後ろを振り返れば至仏山

登りたかったです。

 

f:id:mmmisa:20170606150202j:plain

無事戻って来れました。

花豆ソフトを食べて、バスで駐車場へと戻ります。

 

水芭蕉シーズンの尾瀬は混雑すると聞いていましたが、

朝の竜宮小屋〜東電小屋までの道は、ハイカーも少なく静かなハイキングが楽しめました。

尾瀬の山小屋は予約必須(満室だと予約が取れない可能性あり)なので、詰め込まれることなくゆったりとした時間が過ごせます。※今回は個室でした!

 

ゆっくり尾瀬を散策できた週末ハイクでしたー。